忍者ブログ
英語自習のためのTOEICや英検の問題集、YouTube動画、アメリカドラマの紹介。(どうしてもわからない時はオンライン英語を便利に活用しましょう♪)

マークがずれたらどれだけ焦るか、ずれてみてわかった

本日、自宅でTOEICテスト公式問題集(新形式問題対応編) のリスニング問題を解いている時、まさかのマークミスをしました。ただのマークミスではありません。マークがずれちゃいました。

マークがずれてしまったことには、すぐに気が付きましたが、ずれたことに気が付いた時に、どこからずれているかを確認したり必死だったために次の問題を聞きそびれ、合計5つも落としてしまいました。

マークがおかしくなった文章の設問2つと、その次の文章付随のまるまる3つ。どれだけほど焦ってしまったんでしょう。あわよくばリスニング満点を狙っているはずが、結局計12個も間違い、どん底な点数です…。

私は45歳のおばちゃんで、しかも英語講師です。今まで何人もの幼稚園児や小学生に「マークがずれないように」「消す時にはクチャッとならないように」と注意してきたはずなのに、講師歴20年を超え、もうそろそろ軽くベテランの域に達している自分がやっちゃいました。

おかげで本番かなり気を付けることができそうです。自宅模試でよかった!



実は今日は集中力がうまく続かず、リスニングの最中に、夏休みの新幹線のチケットを取り忘れているのを急に思い出したり、庭でカラスにつつかれ悲痛な叫びをあげるセミに気を取られたり、とダメダメな受験態度でした。

でも間違った問題のうちの一問は、思わず「そりゃないよ」と思う問題でした。と言うのも、Part1の写真を見て答える問題で、ショートヘア―でズボンをはいた女性を完全に男性と思いこみ、間違えてしまったのです。

どう見ても女性には見えない…。と私は思う…。



そんなこんなでTOEIC本番まであと10日を切りました。

PR