忍者ブログ
TOEICや英検の問題集、YouTubeのESL動画、アメリカのドラマなどの紹介

第219回TOEICを受けてきました

第219回TOEICが無事終了しました。

最近幸い仕事が忙しく勉強は十分にはできませんでしたが、それでもコンスタントに単語を詰め込んでいたし、直前に公式問題集で問題を解くことができたので、それなりの準備は整っていました。

ただ、問題集を解いても最近張り切って詰め込んでいた超ド級難単語が全然出てきません。難単語の暗記に時間を割きすぎたことに気が付き大いに後悔しましたが、もうどうしようもないタイミングだったので、仕方がありません。

前日に問題集を解き、読む速度がまた遅くなっていることがわかったので、当日朝にツウさんのブログ記事を読み、「潔く解くこと」の大切さを頭に叩き込んで会場へ向かいました。おかげで深追いせず切り捨てながら「前進あるのみ」で解き進めることができました。

また、少なくとも直前に解いた問題では知らない単語がほぼなかったため、間違うところは「ただのミス」でした。そのため本番で同じようなミスをしないように、気持ちを引き締めるようにも注意しました。



今回は落ち着いて切り捨てる方向で進んだため、リスニングでは最後まで選択肢を先読みしながら進めることができ、リーディングも5分前に終了しました。(練習では10分足りなかった)

難単語についてですが、問題集を解いた時には全然見かけませんでしたが、本番TOEICリーディングセクションではいくつか出てきました。「bolster(支える)」しか覚えていませんが、覚えたての単語との本番での再会は気分も上がります。


リスニングセクションについては「ばっちりセット」とは言えないパターンがいくつもありました。

A:あら、今日あなたに会えると思っていなかったわ。
B:予定が変わったのよ。

みたいな展開が数問続いたように思います(内容は念のためちょっとアレンジしてあります)。流れとしては当然これが正解だと思うのですが、なんとなく遠回しというのか現実的過ぎると言うのか、ちょっとひねった組み合わせだなぁ、と思いました。


リーディングセクションは時間との戦いです。私は時計をほとんど見ませんが、「誰よりも早くページをめくれば、まず大丈夫」というアドバイスを守り、周りの気配を感じながら急いで進めました。

斜め前の女の子が早かったので、彼女を意識しながらスピード感を測っていたら今回は早めに解き終わることができました。


目指しているのは940点。前回はそう言いつつ900点を割り込みました。今回はあがってるといいなぁ~♪

PR