忍者ブログ
英語自習のためのTOEICや英検の問題集、YouTube動画、アメリカドラマの紹介。(どうしてもわからない時はオンライン英語を便利に活用しましょう♪)

英検1級の実力で準1級を解いてみた

英検準1級は30年ほど前、大学生の時に相当な余裕を持って合格しましたが、ようやく英検1級に合格した今、改めて解いてみました。

2級の時と同様に、2019年度第1回の英検準1級一次試験(ライティングを除く筆記問題とリスニング問題)を時間を測って解きました。

英検準1級もライティングに30分は必要なので、それ以外の部分にかけられるのは60分ほどです。今回私は、37分かかりました。

解き始めてまず、大問1の語彙の難しさには驚きました。ひとつだけですが、英検1級のための学習で初めて覚えた語彙も見かけ、結局25問中3問も間違えてしまいました。苦手なイディオムで1問、ごく普通の語彙で2問です。

落とした2つの単語のうちのひとつは「virtually(事実上)」でした。直感的に「バーチャル=架空」ととらえ、間違った方向へイメージしてしまいました。もうひとつはただのミスでした。

大問2の長文の語彙補充問題6問はなんとか全問正解できましたが、究極の選択的感覚で選んだものがひとつありました。

大問3の長文読解問題についてもなんとか全問正解できましたが、瞬間的に解けないもの、つまり選択肢4つを一通り読み終わってもわからずにまた一から読み返したり、本文すら読み返してしまったものが3つありました。

予想通りだったとはいえ、準1級の筆記問題は全般を通して手ごわい難易度でした。41問中3問間違い、正答率九割強。英語講師としては残念な結果です。


次にリスニングを解きましたが、そのまま解くのでは面白くないので2級の時と同様に高速再生で聞いてみました。元々の音声の速さが準1級の方が速いので、相当あくせくした音声となったうえ、選択肢を読む時間も短くなるので慌てふためきながら解きました♪

ちなみにうちのリアルプレイヤーの高速再生では、10秒間が7秒間になります。速さで考えると1.4倍なのでまずまずな速さです(Youtubeの段階的高速再生の一番遅い設定は1.25倍です)。

結果としては、大問一の会話問題は全問正解、大問二の長文問題では二問間違い、三番の条件付き読解問題は全問正解で、合計24問中2問の間違いでした。間違った二問はどちらも完全な聞きそびれでした。

本の「page(ページ)」が、「pager(ポケベル)」に聞こえた部分については、「?」とか思っている間にあっという間に音声が終わってしまいました。あっけなかった…。


1級に合格すると、何から何までもっと英語を簡単に理解できるようになっているのかと思いましたが、そのようなミラクルは起こっていませんでした。1級へのジャーニーは終わったけど、結局英語学習のジャーニーに終わりはありません。

英検1級合格後の英語学習。ワクワク感半分。うんざり感半分。
PR

今更、文法学習が楽しい!

英検が終了し、気持ちも新たに英文法学習に精を出しています♪

私は今まで、あまり英文法学習に力を入れてきませんでした。というのも、英文法を学んでもそれほど会話が上手になるわけでもなく、TOEICの点数が伸びるわけでもなく、英検合格が近づくわけでもないと思っていたからです。

私にとって大切と思える「会話」「TOEIC」「英検」については、基礎的な文法知識さえあればある程度のレベルに達することができるため、それ以上の文法知識が必要だとは思えませんでした。

ところが、あることをきっかけに文法を勉強し始めることになりました。

オンライン講師とは別の仕事でTOEIC学習サイトで解答の解説をさせていただいていたとき、設問の答えを絞り込めずに解説が行き詰まるようなことが頻繁に起こったことがきっかけです。TOEICでは問題の答えは一つしかありませんから、二つ以上選べてしまっては困ります。でも、作り込まれていない設問の場合には答えを複数選べてしまいます。

選択肢を絞り込めない理由を伝えては、使用語句や問題の内容を変更するように求めましたが、うまく伝わらないことがありました。

そこで、文法武装をすることとなりました。

何がどうおかしいのかを説明したうえで、変更するならこの単語を使用するべきだ、というところまでセットにして訴え続けました。何がおかしいかは感覚的にはわかっていたし、ある程度の根拠はありましたが、「裏をとる」作業には相当な労力が必要でした。

意地になって調べ続けた結果、今まで知らない文法の存在や、間違って覚えている文法用語があることに気付きました。その仕事は先月ようやく終わりましたが、文法については学習を続けることにしました。

今でも、自分自身の英語に英文法が必要だとは思っていません。必要なのはやっぱり語彙です。ただ、私は講師です。文法を知っていれば解説に説得力が増します。文法に詳しければ相手を納得させることができることも、身をもって知りました♪

英文法学習は地道な作業で、しかも例外が多いので面倒に思うこともありますが、講師として成長するには必要な知識であるとようやく思えるようになりました。


只今文法勉強中なので、レッスン中に急に小難しいことを言うかもしれませんが、せっかく仕入れた知識を披露させてくださいませ…。

文法を勉強してみて思いますが、確かに細かい文法を知っていると、今まで感覚的にしかとらえられていなかった文章の細かいニュアンスがわかり、快適な時があります。一方で、「~は省略されることもある」なんて記述を見つけては「結局いるのかいらんのかどっちやねん」なんてうんざりすることもあります。或いは例外が多すぎて、どう覚えればよいかわからず途方に暮れることもあります。

ただ、楽しいのだけは確かです。特にうんちくまみれの解説を「どっちゃでもいいやん!」とか思いながら読み進めるのはとても楽しいです。或いは、同じ文法事項でも先生により根拠や解釈や深さが違うので読み比べてみるのも楽しいです。

趣味の域を超えた「身に付く文法学習」を目指します♪




英検1級に合格しました

英検二次面接試験に、無事合格することができました。

英検バンドがG1+2という相変らずのギリギリ具合ですが、合格したからにはもう二度と受ける必要がないと思うと、このうえなくうれしいです。
(ちなみに英検バンドは25点毎に区切られているので+2は「合格点を25点以上上回っているけど50点以上は上回っていない」という状態です)

4つの項目が、一項目10点満点で採点されていました。

1.スピーチは、意見として立派かどうかはさておき無難にこなし、8点でした。

2.質疑応答はボロボロな印象でしたが、スピーチと同じく8点でした。

3.文法と語彙については、相当なボキャ貧ぶりでしたが、それでも8点でした。

4.発音とインテネーションについては自信がありましたが、残念ながら9点でした。

7割で合格なのでちょっと余裕があるようにも見えますが、CSEスコアはギリギリです。


「あなたの順位」という項目を確認してみると、一次試験も二次試験もギリギリ合格だった私は、東京都内の英検1級受験者の中では「上から16%」というところに位置していました。よっぽどたくさんの人が落ちていることが分かります…。




TOEICで初めて900点を超えたのが2016年の夏。2018年夏から満点を狙って再び本格的に英語を勉強しはじめ、11月にTOEIC960点をとり、2019年7月にようやく英検1級にも合格できました。

一区切りついたので勉強は休憩し、ちょっと真面目に仕事をしたのち、秋以降にまたTOEICに向けてぼちぼち頑張ろうかな、などと考えています。


英検1級二次面接試験を受けてきました

2019年度第1回の英検1級二次面接試験を受けてきました。

二次面接会場には集合時間の1時間前に到着しましたが、受付は集合時間の35分前から始まり、その時点で待っている人は2,30名ほどでした。そのほとんどが3級と2級受験者だったので、私は1級受験者としてほぼ一番乗りで受付を済ませました。

英検一次試験合否閲覧サービス開始(合格しました)

6月17日、2019年第1回英検の合否閲覧サービスが開始しました。早速確認したところ、無事合格できていました。

開始直後は混むと思ったので、一足先にログインしておくつもりで番号やパスワードなど入力したところ、いきなり「合格」という画面にたどり着き驚きました。数分フライングしてしまいました♪

2019年度第1回の英検の問題が公開されました

2019年度第1回の英検の問題が、英検協会のホームページで公開されました。

早速リスニングのスクリプトを確認してみると、ちらほら以上の頻度で聞き逃しているところがありました。通常落とすはずがない大問1で落としてしまった3番は、スクリプトを読んでもまだ、中盤辺りが微妙な理解具合でした。