忍者ブログ
ESL動画、英語学習サイト、アメリカドラマ、などの活用法。英語講師歴23年(オンライン英会話講師歴3年♪)

「使える英語を身につける」という表現があります。英語には使える英語と使えない英語の二種類が存在するという考え方があるということです。でも、使える英語と使えない英語に、さほど大きな違いは無いように思います。(もっとも定義自体全く確立されていませんから、いい加減な分け方なのですが)
 
よく筋トレでも「使える筋肉」と言います。この場合、見せる筋肉(モリモリした筋肉)と動作のために力を発揮する筋肉を分けて考えているようです。
 
英語の場合も筋肉の場合も同じですが、無いものをあるようには見せられません。無いものは無いのですから・・・。でも、あっても役に立たない場合があり、この場合に「使えな英語」とか「使えない筋肉」と呼ぶのだと思います。



「使えない英語なんて身につけたってしょーがない!」と言う時に想定される状況は、英語の勉強はしているけど、進歩していないような気がする時や、役に立っていないと感じるケースではないかと思います。

こんなに単語を覚えたのに、しゃべろうと思ったらしゃべれない…。学校で習うのは、実際には使わない表現ばっかり…。こういう無念な気持ちではないかと思います。


私は中1の時に中学で初めて英語を習い始め、学校でしか英語を習っていませんでしたが、高3の時ヨーロッパへ旅行した時、バスツアー中にほかのツアー客と仲良くなり、ツアーの最後、別れがつらくなるほどたくさんおしゃべりしました(英語です)。

その時の私の英語はぺらぺらとは程遠い状態です。相手は50代くらいのおばさんで、高校生である私にうまく話しを合わせてくれたし、私も決して流暢ではない英語を身振り手振りで話しました。

ショッピングではありませんから指さしなどはできません。「日本人はね・・・」というような話をしたことだけしか覚えていませんが、多分文化の違いなどについての意見交換をしたんだったと思います。

高2で英検2級に合格したばかりで(当時の2級は今の準2級レベル)英語力は決して高くありませんでしたが、年相応に英語を[使えた]と思います。



大人になってくると、もっと高い言語力を求められるようになってきます。日本語のレベルも上がるからです。

ただビジネスレベルの英語を身につけていないからといって、その英語は使い物にならないレベルであるとは言い切れません。母国語である日本語がビジネスレベルに達していない日本人もたくさんいます。


例えば私です。「いつもお世話になりありがとうございます。」で書き始めるメールが、多分私の中で一番オフィシャルでフォーマルなメールです。これ以上のものは書けません。

英語であれば、” I hope this mail finds you well." で始まるメールが、私の読むメールの一番フォーマルなパターンです。これ以上のものは読む機会がありません。

だから私にとっての使える日本語と使える英語は、このレベルでOKです。これ以上のものは使いません。つまり使える英語というもの自体、まさにピンキリです。
 
 
[キリ]レベルの語学の例で失礼しますが、決して使えないわけではなく使える英語の代表として考えた時、このレベルに何が必要かというと、二つ三つの同意語バリエーションでニュアンスを使い分けられるレベルの語彙力と、文章をわかりやすくシンプルに組み立てられる文法力です。


使える英語と学校英語は全く別のもの、なんてことはありえません。学校英語は使える英語の基礎を作る大切な役割を果たしていて、時々教科書やテストで見かける、一見意味が無いと思われるような設問も演習も暗唱も、基礎固めのために必要な要素です。
 
ただ、持ってるものをうまく使うためには、基礎に加え、一定の練習が必要であると感じます。その練習の部分までしてくれる学校と、してくれない学校があるようです。

基礎があればそこからの練習はそう困難ではありません。大人になってからでも大丈夫です。ただ学生時代と同じで演習量が足りなければ、いくらやっても「やってるつもり」に終わってしまいます。


使えなさそうに見える英語も、磨けば使える英語になります。ただ、産業界では研磨作業の技術が進みいまや機械で磨くのが当たり前でしょうが、英語の場合、手で磨く感じです・・・。


中国語の諺「只要功夫深、鉄杵磨成針」は、「コツコツ磨き続ければ、鉄の棒も針にできる」というような意味です。この諺が出てきたのは中国語学習に関する中国語長文です。その中で中国語の先生が、外国人の学生にアドバイスしています。

学生:先生、最近私の中国語、あまり上達しません。
   単語を覚えてもうまく使えないし
   文法事項もよく間違えてしまいます。

先生:教科書内の文章はしっかり音読しなさい。
   可能なら暗唱しなさい。

   覚えられないなら、読んで、書いて、を
   十セット繰り返しなさい。

   山の上からの美しい景色は、一歩一歩山を登った
   人にしか見えませんよ。


ちなみに中国語の長文は、全てがこの調子の説教です。このテキストは気の滅入るテキストでした・・・。

この、教科書内の先生のアドバイス通り、10回ずつ読んで書いてを繰りえ返せば、嫌でも何かしら、頭に残りそうです♪


そうして覚えた表現を、ばっちり使える場面に万が一すぐに出くわしたらラッキーですが、日常的にその言語を使う機会自体が少ないのに、覚えた表現を使える機会が「たまたま」やってくることは非常に珍しいことです。

覚えた表現を使いたければ、できる限り沢山覚え、できる限り多くの[使える機会]を探すしかありません。覚える方は自分自身のコツコツした努力です。使う方はボランティアとか、観光地で話しかけるとか、無理があろうが無かろうがやってみるしかありません。


そんな私も先日、中国語を使うアルバイトを見つけたので、履歴書を送りました。せっかく勉強している中国語を使う場を求めて、かなり勇気を振り絞って面接を受けに行きました。


そして、落ちました・・・。


私の中国語はまだまだもっと磨き続けないと使いものにならないことを思い知らされました。


PR
当ブログについて
管理人:
三日坊主英語講師 MAYAKO


自己紹介:
得意なこと→
出来ることから少しずつ。

苦手なこと→
ささっとてきぱき。


ブログ内検索
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
ランキング
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 英語学習再開ウォームアップ中 All Rights Reserved