忍者ブログ
英語自習のためのTOEICや英検の問題集、YouTube動画、アメリカドラマの紹介。(どうしてもわからない時はオンライン英語を便利に活用しましょう♪)

ネイティブの先生に質問する時

言葉のニュアンスや微妙な違いを知りたくて検索を繰り返すことが多いのですが、その時、日本語を使ってみたり、英語を使ってみたり、とにかくあらゆる方向性から探ります。

時々たどり着くのが英語 with Lukeというウエブサイト。このウエブサイトの管理人さんはどうやら日本語が上手な外人さん(英語話者)。日本語もとても上手で日本にお住まいのようです。日本人が疑問に思うポイントなどもとてもよくわかっているご様子です。

もう一つよくのぞくのがHapa英会話。アメリカ在住のハーフのお兄さんのウェブサイトです。このお兄さんも両言語とてもお上手で、解説もとてもわかりやすいので、気に入っています♪



この二つのウェブサイトはそれぞれとても役に立つのですが、それでもやはり常々思うのは、言葉に対するそれぞれの感覚、感度というのは本当に様々であるということです。

それは英語を学んでいる時には到底気が付きませんでしたが、ネイティブ講師として日本語を教えている時に痛感しました。ネイティブは、その言葉を自然に、意識せずに使いこなすため、細かい違いに気がつかないことがあります。

日本語を教えていた時のことです。教科書に出てきた「うちのもの(奥さん、の意味)に迎えに行かせます」や「同じ部の者(同僚、の意味)に作らせておきます」の様な表現の説明の時「者(もの)というのは身内に使います。」と言い切ってしまいました。謙譲語と一緒に使う、だの、相手を高めるため身内を低く扱う時に使うだの、散々説明した後に受けた「田舎者、のものも身内ですか?」と質問され、絶句したのを覚えています。

レッスン時間よりもはるかに長い時間をかけて必死で準備した授業でこのありさまです。あらゆる場面やあらゆる例外を想定して話すことが不可能で、どうしても取りこぼしがあることを実感しました。



でも、その言語を学んでいる人は、できるだけ詳しく知りたいと思うから、突き詰めます。そしてたくさんの疑問を持ちます。




ネイティブの先生に質問する時のコツです。「○○と××は同じですか?」と聞くだけでは、大抵「うん、ほとんど同じ」と言われてしまいます。

「○○と××はどう違いますか?」と聞いてもやはり「ほとんど同じ」と言われてしまいます。なぜならネイティブが思い浮かべられる状況というのはとても限られているからです。もちろん人により差はありますが、あらゆる場面を想定して答えられるのは余程言葉に鋭い感覚を持っている人です。先生であるかどうかは全然関係ありません。

だから質問するのであれば、「○○はこういう意味だと思っていたけど、~~という状況でも使えるのか?」などできるだけ詳しく例をあげて質問する必要があります。


例えば私が実際にアメリカ人に「Willとbe going to はどう違うの?」と聞いた時、「いっしょいっしょ。」という答えが返ってきました。そして私もそれに納得しました。でもそこで、更にこう付け加えればよかった、と今になって思います。

「じゃぁ、Will you marry me?とAre you going to marry me?は同じだよね。プロポーズの時、Are you going to marry me?でもOK?」と、例をあげてきくことができていたら、「あれ?確かにちょっとニュアンス違うね」という答えが返ってきたと思います。

置き換えられる時もあるけど、置き換えられない時もある、位の微妙な言葉の場合、具体的な例文が無いと具体的に想像できないからこのようなことが起こってくるのだと思います。



もっとも、ネイティブ間でも大きな差があることも事実です。言葉の使い方にうるさい人、そうでない人、色々います。言葉は奥が深すぎて、100パーセントつきつめることはできません。そんな中、妥協点を見つけてうまく進歩していけたらいいなぁ、と思います。





今回の英検の合否閲覧サービスは3月3日、雛祭りの日。二次の合否発表はあっという間にやってきます!

PR

7割伝わればOK!

ちょっと復習がしたくて、昔通った講座で使った参考書を引っ張り出してみました。その一番最初のページに書きとってあった当時の先生の言葉が、今まさに英語を勉強する他の方々の役にも立ちそうです。


語彙は蓄積してから分類すること。
最初から、丁寧に整理整頓して頭の中に片づけることなど考える必要はありません。とにかくまず覚える、まず入れる。そしてそれから分類したり関連付けたり、後々引っ張り出しやすいよう整理整頓すればいいそうです。



リスニングを強化するには、まず語彙を増やすこと。
知らない単語は聞き取れません(当たり前の様ですが・・・)。これに関しては私自身は100%同意ではありません。スクリプトを見ればわかるけど、ということが結構あるからです。でもスピーキングを磨く時よりも、リスニングを磨く時の方がボキャビルははるかに重要だと思います。



通訳の場合は七割通じればOK。
翻訳と違って通訳の場合は一語一句訳す必要は全くないので、その場の状況を的確に相手に伝えられたらそれでOKとしてよし、とのことです。





この最後のアドバイスが一番強烈でした。七割でいいのね、と安心しました。ちなみに半分ではやはり不十分で、誤解も生まれるそうです。逆にばっちり訳そうとすると、うまく訳せないことも出てきそうです。

この講座の受講者は確か、半数以上は英検1級ホールダ―、残りは準1級ホールダ―、それ以下はいない、という講座でした。それでも七割でOKです!
 
 
ちょっと肩の力が抜けました。




英語で日本を紹介する

日本食を英語で説明するのは難しいなぁ、とレッスン中に痛感したことから、勉強できそうなウェブサイトなどがないか探していてMasahiro Nakata先生のINSIDE JAPANを見つけました。

このブログでは食文化に関することだけではなく、あらゆる日本について英語で解説されています。記事は少々古いのですが、英語が高度で(私にとっては!)とても勉強になります..)



また別のブログアメリカを読む辞書では、日本語でアメリカのいろいろを解説してあり、こちらもとても勉強になります。時事英語の語彙を増やしたい私にはピッタリです。更新はそれほどまめにはされていませんが、記事は沢山あるのでまだまだ楽しめそうです。

その中に紹介されていた「YOLO」という言葉でまたまた上海を思い出し「楽しかったなぁ」と思いを馳せました♪

You only live onceの略で「どうせなら楽しまなくっちゃ」というような意味だと思っていましたし、少なくとも自分のまわりの子供達はそのような意味で使っていました。でも一部のメディアでは「大人にはわからないティーネイジャーの刹那的な生き方批判のシンボル」的俗語というような捉えられ方をされていたようです。悪いことをした時の言い訳に「今しかできないし」「べつにどうなったっていいし」と言ったニュアンスで使う言葉らしい…。今初めて知りました。

そうかなぁ。娘は「YOLO」と書いたピアスまで付けていましたが、そんなつもりは毛頭なかったと思います。青春を謳歌しているというプラスのイメージで受け取っていました。






ちなみにGlobal Languate Monitorによると、2014年トップワード大賞はThe Heart ♥ Emoji (for love) だそうです♪(このネタもこの先生のブログから)フレーズ大賞10コの中にはビッグデータ、名前大賞15コの中にはエボラやマララさん、習近平などがありました。

このウェブサイトもスポーツからファッションまで色々なランキングがあって面白いです。






Thank youに理屈なし

Thank youと言う表現は誰もが知る英語表現で、意味は「ありがとう」です。でも主語がありません。であれば命令形?「あなたに感謝しろ?」ってなんだか変では?そういうところが気になる人ももちろんいるかもしれませんが、多くの人は気にしないはずです。

とにかく「Thank you」は「ありがとう」だと通常、多分、丸覚えです。(覚えようとする必要すらないかな)

文法や理屈を突き詰めるのは、学者がすることであって、英語学習者がすることではありません。私達素人は、ある程度理屈抜きに丸覚えてしまえばそれでいいのです♪
 
 
 
 
私は中学生の頃、とても几帳面に英語を勉強していて、実際長文の一語一句全てに下線を引いて品詞を書くような作業も好きだったことがあります。でも次第に嫌いになりました。そして今はそんなことをする気には全くなれません。

どうして嫌いになったかと言うと、よくわからない時があるからです。言い切れない、白黒はっきりさせられない、そういう状況が多い中、はっきりさせたいと思い続けるのは苦痛です。だから、今はそんな細かいところは一切気にしません。それよりも生きた英語により多く触れ、より多くの自然な表現を、感覚的に身につけたい、と思っています。


語学なんてものは、理屈抜きな曖昧なところがあるからこそ、「なんとなくわかる感覚」が大事なんだ、なんて偉そうなことをレッスンでお伝えすることもあります。

「こういうもんだもん、納得するしかない」くらいに思っています。英語に関しては・・・。




ところが本日、自分の中国語学習をなんとなく振り返っていて、私が文法マニアであることに改めて気付かされました。

私は中国語を勉強する時、日本語と中国語の違いに関するうんちく、文法の細かい違いなどを知ることに喜びを感じています。へぇ~、なるほど~と本を読み進めます。そして意外とその後何も記憶に残っていません・・・。散々感心し、楽しいひとときを過ごすだけで終わってしまいます。

来週からいよいよ中国語検定2級に向けての講座が始まるので、ちょっと自分なりに下準備をしようかな、と思っていたらひょんなことから気付いた自分の弱点。頭でっかちな文法馬鹿にならないよう、頭を柔らかく柔軟に、来週から張り切って中国語学習に取り掛かろうと思います!

中国語の場合も同じ。理屈抜きに受け入れる感覚を大切に。あれこれやたらと突っ込んだり疑問に思ったりせず、素直に、まっすぐ、純粋に学べるといいなぁ。(楽しみ♪)



どうせなら英語で

超音速で飛ぶ戦闘機が起こす爆発をソニックブームと呼ぶそうです。

その動画を見たくてMilitary.comへ行きました。するとソニックブームの動画だけではなく、おばあさんが、素敵なクリスマスプレゼントに喜ぶ動画や、間に挟まれる広告など、思った以上の動画を楽しめました。



2015年を始めるにあたって是非読みたい名言(女性)を見つけるためには、HuffitongPostを訪れました。数々のすばらしい名言を見つけたその記事のURLがなんとbadass-women-quotes。ぱっと見た感じ明らかにいい印象がしないURLなので早速辞書で意味を調べたらbadassには「タフ」という意味がありました。褒めてたのね・・・。



最近話題のPENTATONIX(家庭内で話題なだけですが)の事が知りたくて、オフィシャルウェブサイトにも行きました。




知りたい情報は英語で得るに限ります。情報も得られるし、英語も勉強出来ます。




前にも同じような記事を書いたかもしれません・・・。スーパーけちな私は、ただ情報を得るだけでも、英語を勉強するだけでも満足できませんから、つねに「ながら」です。

アイロンをかけながら中国語CDを聞いたり、お風呂につかりながら中国語独り言をぶつぶつ。娘を起こしながら洗濯物をたたんだり、走りながらレッスンプランを考えます。

ただテレビをみるとか、そういうことがとにかくできない性分です。

どうせなら、とか、ついでに、とかが大好きで、もう何十年もこのスタイル♪


ESL用動画が沢山♪

最近気に入って見ている動画サイトがあります。engVidというこのサイトでは、アメリカ人イギリス人などのネイティブスピーカーが、英語の語彙や文法について英語で解説しています。

好きな先生のものを片っ端から見るのも良し、自分にあったレベルのものを片っ端から見るのも良し、好きな分野のものを片っ端から見るのも良し。全て英語なのである程度の英語力が必要ですが、どの分野のどのレベルを見ても、何かしら学ぶところがあり、とても重宝しています。

先生によりそれぞれ雰囲気が全然違います。私は断然アメリカ英語が聞きやすいので、ジェイムス先生のものを好んでみています。

文法用語、例えば主語がsubject、過去形がpast tenseなどを知らない場合は非常に理解しづらいですが、ダイアログの語彙だけを拾うこともできますし、さささっと軽く流されるジョークに着目してみるのも面白い見方だと思います。


動画だけではなく、資料の方も充実していて、例えばTOEFLのための形容詞、とかdoとmakeを使った表現集なんかもあります。


動画は作業をしながらかけっぱなすことも出来、重宝します。資料はレッスンのために時々のぞきます。ゆくゆく有料になるかもしれませんが今のところ全て無料のようで(2014年年末)、かなり使えます♪



あれこれ付け足してみる

シンプルだからこそ伝わる英文もあります。ただ、短すぎてそっけない英文もあります。どこがどう違うのかというと、「事実だけが淡々と描かれているだけ」なのか、「枝葉が付いている」か、そういった違いであると感じます。

主語と述語と目的語だけが淡々と続く文章は、どうもそっけなくなりがちです。そういう場合は、主語と目的語には形容詞を、述語には副詞を付けるなどの工夫をします。そうするだけで随分生き生きします。

例えば

I go to school by bus.

という、英語学習の例文のようなそっけない文章でも

I will happily go to school as usual by crowded bus.

と、無理やり修飾語を付けてみると、なんとなく情景が豊かになり、文章がただの例文から日記のような体裁になってきます。「いちいちいらんやろ」とか「わざとらしいやん」とか、そういうことは気にする必要ありません♪ 練習ですから、それでいいのです。

更に目的や場所などを付け加えたりすることもできます。

I went to school in south part of Nara as usual by bus being full of people to attend the speach contest.

これに従属節など付け加えたら最強です。
 
I went to school in south part of Nara as usual by bus being full of people to attend the speach contest, even though I didn't really want to go that day because of the bad weather.

こんな風にすると随分文章が伸びたし膨らみました。


細かい冠詞の間違い、前置詞の使い間違いなどは気にする必要はありません。ネイティブスピーカーではありませんから、完璧な英語は元々不可能です。


ちょっとそっけないな、と思ったら、修飾語を増やすと生き生きします。見た目に関する修飾語、気持ちに関する修飾語などは加えやすいと思います。



この時、最初は文章の軸を作り、徐々に増やしていくのがポイントです。最初から長い文章を作ろうと思うと、いつの間にかどこからどこにかかっているのか分からなくなったり、ねじれたりしがちです。

誰が何した。
どんな誰が何した。
どんな誰がどんな何した。
どんな誰がいつどんな何した。
どんな誰がいつどんな何をどんな風にした。

という具合に伸ばしていくのが、わかりやすい伸ばし方です。









ちなみに私は英語の先生ですが、ネイティブ並みの正しさを求められ場合は「私はネイティブではないからそこまでわかりません」とお伝えします。外国で育ったわけでも、小さい頃から外国人に囲まれていたわけでもありません。中学から英語を習い始めただけです。でも好きなので、英語に触れる機会は多い方であったかもしれません。そして今の英語力があります。

そのため中上級者向けのレッスンは出来ませんが、初級者なりの工夫の仕方は色々わかっているつもりです。切り抜け方を知ることで、随分英語は上手になります♪

英語の訛り、いろいろ

世界の英語という神田外国語大学が作ったウェブサイトが本当に面白く、最近見つけたウェブサイトの中でも一押しのヒットです!

アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語、ニュージーランド英語、カナダ英語、と分けられていて(今後三年で、シンガポール英語、アイルランド英語、インド英語も追加されるそうです)それぞれの英語を、それぞれのシチュエーションにより聞き分けることが出来ます(動画)。

まずは一番親しみのあるアメリカ英語の、シーンテーマ「注意をひく」をみました。「普通やん?なんかおもしろいことある?」と思いつつ次にオーストラリア英語をみました。そしてびっくりしました・・・。まるで聞き取れません!

ちなみにオーストラリアへ半月ホームステイした経験のある娘に聞かせたところ、ホストファミリーのペアレンツの英語はまさにこんな感じだった、と懐かしそうでした。

次にイギリス英語を聞きました。イギリス英語も、アメリカ英語に慣れてしまった私としては、「もうちょっと口開かん?」と言いたい・・・。モゴモゴしていて、なんと聞き取りにくいことでしょう。
 

 
そしてふと思い出しました。大昔一緒に働いたことのあるニュージーランド人の講師のことです。彼女はペンをピン、ベッドをビッドと発音します。そして何の疑問も違和感も持たないまま、それをリピートする子供たちを何となく不憫に思ったんでした。(不憫に思うこと自体失礼なんだけれど。そのニュージーランド人講師だって立派なネイティブなのですから)
 


そこから飛躍し、先日受けたTOEICの事も思い出しました。TOEICのリスニングの音声の英語が、アメリカ英語オンリーからイギリスなど他のバリエーションも加え初めて久しい気がします。実際TOEICの予想問題集を解いた時は、その発音の違いは多少気になりました。その後の本番では(2014年夏)、必死すぎたのか、アメリカ英語なのか他の種類の英語なのか、全くその違いは把握することが出来ないくらい、違いが気になりませんでした。TOEICのリスニングに関しては、「色々な英語を取り入れた」と言いつつ実は、たじろぐほどの発音のバリエーションはありません。

一方この神田外語学院のビデオは各国の違いが顕著で、かなり楽しめます。


とにかくアメリカ英語以外「わからん!」のひとことです。


ちなみに私は、フィリピン人とインド人に「英語の発音奇麗ね♪」と言われたことがあります。英語の発音って一体どういうのを一番きれいというんだか、わけがわかりませんが、少なくともインドやフィリピンは、公用語が英語だというだけで、英語のレベルは人によりかなり差があることだけは確かです。



Lexile指数ごとに分類された多読本

ネット書店amazon(日本)の「英語難易度別リーディングガイド」と名付けられたページからは、Lexile指数やTOEICリーディングの点数を目安に自分の英語レベルにあった本を探すことが可能です。

また興味深いのは、目安としてどのレベルがアメリカの何年生に当たるかも併記されているところで、「アメリカの6年生レベルの本を」というような探し方もできるところです。

洋書読書で英語を磨く大人であればきっと、TOEICの点数やLexile指数が参考になると思いますし、できる限り現地の子達と同じレベルで、と親子英語を張り切るご家庭には、アメリカの学年でのレベル分けはとても助かるはずです。

 
例えば日本の本屋さんでも日本語翻訳版をよく見かけるMagic Tree Houseシリーズは、200L~295L(L=Lexile指数)に分類されていて、アメリカの1-2年生レベルとされています。(これは簡単すぎてTOEICリーディングのテストでの分類には含まれていません。)

超有名Harry Potterは800L~895Lで、アメリカの4-9年生レベル。TOEICリーディングの点数なら270点~320点くらいとしてあります。


個人的には、この「アメリカの学年」の目安の方は学年幅の一番下、つまり4-9年生レベルであれば「4年生」ととらえるのが正確だと思います。逆にTOEICリーディングスコアの目安の方は270点~320点であれば「320点」ととらえる方が感覚的に当たっているように思います。




私のTOEICリーディングスコアは415点なので、そのレベルで読める本のページへ飛んでみました。→TOEICリーディングスコア別400-445のページ

でもどれもちょっと難しそうです。辞書を引かずに楽しむならもう1ランク落とした、TOEICリーディングスコア別350-395のページに載っているものが丁度いい具合です。HobbitやDiary of a Wimpy Kidなどが紹介されていました。




この「英語難易度別リーディングガイド」ページは本探しにかなり重宝しそうです♪








にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村

奥の深~い、語学のはなし♪

レッスン中にとても興味深い質問を受けました。子育てに関する英語です。

子供を育てる、の意味の動詞として私は「raise」を使いましたが、生徒さんが既に語彙として持っていた「育てる」の英語は「rear」でした。実は私はその言葉を聞いたことがありませんでしたから、早速調べてみました。


まずYAHOO!(アメリカ)で検索したところ、”child rearing"は25,300,000件出てきましたが、"child rearing"は、たったの3,230,000件で、ケタが違いました。ところが、"raising children"と"rearing children"ではそう大きな差はなく、25,600,000件と25,100,000件で前者の方が多少多いくらいでした。"raise children"と"rear children"に関しても、25,000,000件と22,400,000件、と大差はありません。

ちなみにingをつけずに子供も単数形で、"rear child"で検索したところ、rearが「後ろ」の意味に解釈されてしまい、まともに検索できませんでした。子供と後ろの組み合わせで、チャイルドシートなどの商品ばかりが沢山ひっかかってしまいました。


次にYAHOO!(イギリス)で検索したところ、"child raising"は21,100,000件、"child rearing"は3,550,000件で桁違いの差でした。ところが"raising children"は18,200,000件、"rearing children"が20,400,000件。初めて”rear"に逆転されました!


そして最後にYAHOO!(フィリピン)へ行きました。"child raising"は17,900,000件、"child rearing"は3,250,000件。こちらも桁違いの差です。ところが"raising chilren"は16,400,000件、"rearing children"は18,400,000件。またもや"rear"の方が多い結果となりました。



極めつけは、Raise or Rear?という記事です(Ask the English Teacher内)。地域のこと、年代のことなど、語学特有の「今はこちらの方がよく使うが、実はそちらの方が正しい」という類の話でした。ひとことで言うと、「raiseとrearでは本来rearの方が正しいが、今は特にアメリカではほとんどの人がraiseしか使わない」ということでした。


はたして自分はいったいどちらを使いたいんだろう?と考えました。日本語ならば断然、正しい方を選びます。今現在よく使われていようがなんだろうが、正しくなくっちゃ!と思います。(もちろん限度はあるものの・・・)

でも、英語の場合はどうだろう?今一番よく使われているものじゃないと、逆に「そんな言い方聞いたことない」なんて言われそうで怖いような気もします。古い表現だと「今はそんな風に言わないんだよ」と指摘されそうで不安な気もします。



「自分はネイティブではない」というところがひっかかり、自分の英語には日本語ほどの自信は持てません。だからこそ、結局これからも大衆化した方の言葉を選びたくなってしまうんだろうなぁ、と思います。

もっとも、このRaise VS Rearに関しては、元々Rearなんていう表現を知りもしなかったというところがオチです。さみしい!