忍者ブログ
TOEICや英検の問題集、YouTubeのESL動画、アメリカのドラマなどの紹介

イタリア人は女性にやさしい♪

この動画は女性に対する暴力に反対するための動画なのですが、子供達の表情がなんともあどけなく、動画の下に続く5000以上の、ああだこうだ、なコメントもかすむ愛くるしさです。(賛否両論、とても話題になっている動画のようですが、私は好きです)

 

 

イタリアで数人の小学生くらいの男の子たちが、見知らぬ女の子を前に、色々な質問や指示に答えます。(その指示の声は男の子にしか聞こえないようです)

「その女の子の素敵なところはどこですか」とか、「その女の子に優しく触れてごらん」とか、「面白い顔をして見せてあげて」とか、言われるがままに進むのですが、最後に「その女の子の顔をひっぱたいてごらん」と言われた時に全員がとても戸惑った表情をします。

「女の子をひっぱたいちゃいけない」とか、「暴力反対だ」とか、それぞれ自分なりのコメントをします。そして何より表情が物語っています。そんなことをしてはいけません。


と言っても、知らない人の顔をひっぱたくようにいきなり言われても、その相手が女であれ男であれ躊躇するのが普通です。そして、このイタリア人の男の子達の表情とは裏腹に、イタリアでは、男性が女性に暴力をふるうことがとても多いそうです(だからこそこんな啓発ビデオができる)

しかもこの「見知らぬ女の子」役の女の子は、触られたり変な顔をされたり、何もかもされっぱなしの受け身です。ただひたすら何をされるのか言われるのかもわからないままも、その場に立っているのが役目のようです。

それそのものこそがもしかして性差別か…?と思わせる雰囲気も漂っていますが、それでも、この男の子達の男らしさと言うのか優しさと言うのか、私はとても心が温まりました。見てよかったなぁ、と思いました。




深く考えてしまうと台無しです。問答無用に彼らの表情が、これからのイタリアを変えてくれそうなそんな予感のする素敵な動画です。


PR

クリスマスの様子

アメリカでホームステイをしていた時のクリスマスの様子です。

12月になると家族がそれぞれのためにプレゼントを買います。5人家族の家にホームステイしていたのでクリスマスツリーの下に並べられたプレゼントはみるみる増えました。プレゼントの包みの上には名前が書かれているので、どのプレゼントが自分のためのものかは一目瞭然ですが、クリスマスまで開けずに我慢です。


24日クリスマスイブは何を食べたかほとんど覚えていませんが、エッグノッグを飲んだことだけはよく覚えています♪(→eggnog)


25日は朝早くにホストファミリーに呼ばれました。「着替える必要無いよ~、早くおいで~」とリビングへ呼ばれましたが、とりあえずパジャマから軽く着替えてリビングへ行くと、家族全員がパジャマ姿で勢ぞろいし、リビングのソファに座って私を待っていました。

パジャマ姿のまままずプレゼントを開ける、というのが彼ら流だったようですが、そんな事、知りませんでした・・・。

ひとりひとり、プレゼントを開けてはありがとう、開けてはありがとう、で延々とプレゼントを開け続けました。息子は社会人、娘は高校生、私は大学生。両親はもちろん二人とも大人。でもみんなで楽しくプレゼントを渡し合いました。

中味は文房具からセーターまで色々です。私は紫のセーターを貰ったのをよく覚えています。



少なくともクリスマスケーキを食べなかったことは覚えています。それがなぜか強烈に印象に残り、今でもクリスマスケーキは食べません。ケーキは無しです・・・。(プレゼントは有りです!)




メリークリスマス!



Nativity と Epiphany

レッスンでは季節ごとに、その季節ならではの単語を取り入れます。例えば秋ならHalloweenやsweet potato、夏ならbeachやwatermelonなどなど。子供達に挙げてもらうので、単語感としては超和風な場合もありますが、深く気にせず5つずつ覚えます。

今はせっかくクリスマスなのでクリスマス用ボキャブラリーを2つ更に付け加えることになりました。一つはNativity、もうひとつはEpiphanyです。

Nativityは、キリスト降誕という意味です。幼稚園や小学校で、マリア様やイエズス様、大天使ガブリエルが登場する劇をしたことがある方なら、馬小屋のシーンをよくご存知だと思いますが、あれがまさにNativityです。

ちなみに私は幼稚園の時、天使をしたのを覚えています(小柄だし細かった)。娘は宿屋のおかみさんをしました(大柄で骨太)。配役は体格と、暗記力で決まっていたんだと思います♪



Epiphanyは、イエズス様の元へ三人の賢者が貢物を持って到着した日のことで、クリスマスから丁度12日後の、1月6日です。この日はクリスマスツリーを片づける日でもあります。





1月6日にそそくさと片づけるのですから、早くクリスマスツリーを出さなくっちゃ・・・。サンクスギビングの時と同様、飾り付けは、飾ったと思ったらもう仕舞わないといけませんから寂しいですが、出さなかったらもっとさびしいので、明日張り切って出そうと思っています♪

クリスマスショッピング♪

Yahoo!ウェブサイト右肩には特定の日へのカウントダウンやら、検索ワードのランキングやらが勝手に表示されます。最近表示されているのは、クリスマスまでのカウントダウンで、あと13日と1時間となっています。 検索ランキングは以下の通りです。

Top Holiday Searches

1.Citizen watches
2.Swarovski earrings
3.Toy trucks
4.Chanel perfume
5.Christmas gift boxes
6.Hot chocolate gifts
7.Samsung Galaxy Note 4
8.Lego Architecture series
9.Leather purses
10.Arc'teryx jacket

一位が時計。二位がイヤリング。三位がおもちゃ。四位は香水。五位はラッピング。そして六位がいきなり、ホットチョコレート(ココア)です!飲料が来ました♪

七位は電子機器。八位はおもちゃ。九位はお財布。十位はジャケット、と何事も無かったかのようにまたそのままごく普通なプレゼントが並びます・・・。

六位のココアと共に驚いたのは、九位のレザーのお財布です。アメリカというと動物愛護意識が非常に高い印象があったので、レザーはあまり好まれないと信じ込んでいましたが、堂々とトップテン入りしています。

もっとも、レザー以外のお財布を見つけるのは至難の技で、今まさに私自身、苦労しているところです。意地になって、レザー以外のお財布を探しています・・・。



クリスマスが近づいていますが全然ホリデーな気がしません!まずは年賀状を書いちゃわないと!

人を許すことって難しい・・・

昨日、中国人の友人がどうやら私に嘘をついていることがわかりました。最初はなんとかごまかしていましたが、いろいろ質問すると謝り始めました。そういうことだったのね。そして私は謝罪を受け入れる気にはなりませんでした。


彼女は今、日本の大学に留学中です。私は彼女の大学の勉強のお手伝いとしてレポートなどの日本語訳を引き受けていました。以前は彼女の友達のレポートの翻訳も手伝うことがありましたが、私も日本への本帰国後はなにかと忙しく、お友達の分の翻訳はここ数カ月、断っていました。でも彼女は嘘をついて、相変わらず彼女の友達のものも私に頼み続けていたようでした。


中国語から日本語への翻訳は、インターネットの無料翻訳では、使いものにならない文章しか手に入りません。かと言って業者に頼むととても高くつきます。

大学生同士(クラスメイトなど)の場合、日本人学生に頼むとお金のやり取りが発生してしまうそうで、出来るだけお金を払いたくない中国人と、アルバイト代わりにしたい日本人の間では、あまり良いやりとりは成立しないようでした。


私は彼女に中国語を教えてもらう代わりに、翻訳を一手にに引き受けていました。日々のレポート、プレゼン原稿、卒論下書き、全てです。経済学部なのでお金に疎い私にとっては難しい内容でした。(お互いお金のやりとりはありません。)

彼女は決して若くはありません。既婚であるにもかかわらず、家族を残し単身日本に留学中です。この年から新しいことを始めるのは大変です。覚えも確実に悪くなっています。それがわかるからこそ手伝ってあげたいと思っていました。

私は決して寝る間を惜しんで生活するほど忙しくはありません。子供も一人しかおらず、もう中学生です。仕事も自分の自由にいれられますから、朝7時に家を出る必要もなければ、夜の11時まで帰宅できないわけでもありません。

だからこそ、人を助ける余裕もあるし、何かの役に立ちたいという気持ちもありました。

ところが、うまく使われていただけとわかり、とてもがっかりしています。人が良すぎました。用心すべきでした。国民性は充分理解していたはずなのに。
 
 




中国的な考え方に基づけば、これは完全に私の不注意です。誰かが困る時、それは困った側の落ち度です。騙す側が一枚上手だっただけ。あぁ情けない。


日本に戻って8カ月。私も色々な意味で日本人らしさが戻ってきています♪ モールなどでは、カギが開いているトイレのドアは躊躇なく開けられるようになってきたし(中国では鍵を閉めない人が多いので鍵がかかっていなくてもそぉっと開ける)お釣りで渡された小銭を数えることもしなくなってきました(中国ではお釣りをごまかされるのはよくあること。「このケチ!」とか言われながらごまかされたお釣りを取り戻します)。

だからこそ一杯食わされちゃったと思えば、まぁいいか、と思えてきます。

Black Fridayへのカウントダウン♪

11月第四木曜日はThanksgiving Dayです。アメリカでは、10月のハロウィンが終わるとまずこのサンクスギビングムードへ移行し、それが済めばクリスマス、ホリデーシーズンに突入します。
 
クリスマスは友人知人家族あらゆる人たちとプレゼント交換をするので、クリスマス前は一番のショッピングシーズンです。でも日本とは違い、11月にサンクスギビングを律儀にはさみますから、クリスマス商戦は11月末まで始まりません。


サンクスギビングをアメリカで、アイルランド系家族と過ごしたことがあるのですが、その時やはり噂通り、ターキーが食卓に上りました♪

サンクスギビングと言えばターキー。丸焼きの七面鳥を食卓でナイフで切り分けて食べていきました。ホストファーザーがカッターと見間違いそうな細いナイフで丁寧に一枚一枚薄く切り分け、みんなのお皿へのせてくれました。



Black Fridayとはこのサンクスギビングの翌日のことです。やっとサンクスギビングが終わった!ということで、クリスマス商戦が始まります。Yahoo!でBlack Friday 2014と検索すると沢山の広告が出てきます♪

もっとも最近は前倒しするケースも多いようですから(→Amazonの early Black Friday sales ページ)消費者の行動パターンも分散してきているようですが、それでも年末年始が一番のホリデーであることは間違いありません♪


私個人的には、とにかく寒いのが嫌いなので、年末年始は全然ハッピーな気分ではありません。寒いのに着物を着ないといけないし(両親や家族と初詣)、寒いのに台所に立つ時間は増えるし(主人の実家でお節料理のお手伝い)、長めの連休とは言え、帰省のため旅行へは行けません・・・。



早く夏が来ないかな~。

タレントショーはやっぱりいい♪

娘の学校ではもうすぐ学校の合唱コンクールなので(各クラスがそれぞれ競って上手に歌おうとするだけ)放課後など熱心にみんなで練習しているようです。

音楽というと女の子の方が得意なイメージがあるので、彼女のクラスではピアノ伴奏や歌のソロを男子が受け持つという作戦で、特色を出すそうです。みんな張り切っています。

・・・張り切っているつながりで、今まで通った学校でのタレントショー(自分の特技をみんなの前で披露する会)のことを思い出しました。


就学後初めて通った地元の公立小学校のタレントショーでは、特技として発表していいのは、暗算、掛け算九九、リコーダー、コマ回し、縄跳び、などと限られていて、バイオリンなど学校外のお稽古事として習って習得したものの発表は許可が出ませんでした。

特技なら何でも発表していい、というのは表向きだけで、仲良しのお友達とバイオリン二重奏を披露したいという娘の案はあっけなく担任の先生に却下されました。結局は誰でも身につける機会があるもの(身に付けたければ身に付くであろうもの)の発表のみに特定されていたのが印象的でした。公平性を重視する難しさも感じました。
 
  
次に通ったインターナショナルスクールでのタレントショーでは、バレエあり、ピアノあり、インドの民族舞踊あり、アメリカのヒップホップあり、韓国のバラードあり、と変化に富んでいて、娘はバイオリンと器械体操をさせてもらいました。

バイオリンも器械体操もたいしたことはありませんが、それでもヒューとかヒャーとか歓声が飛び交う中、舞台で「本人が得意だと信じること」を披露させてもらい、いい思い出となりました。


次に通ったインターナショナルスクールでは、マジックあり、演奏あり、ダンスあり、とやはりバリエーションに富んでいましたが、年頃だった娘は、結局出ませんでした。その頃は自分に自信がなかったのかもしれません。


今通う日本の私立中学校では、音楽に特化したタレントショーがあり、全員強制参加です!娘はギターで弾き語りをしましたが、ピアノあり、バイオリンあり、ギターあり、歌あり、リコーダーあり、ととにかく全員が音楽関係の発表を見事に終え、しかもどの子もとても上手だったそうです。



こういう機会はとても貴重だと思います。どうぞ音楽だけとは言わず(そう言えば日本語や英語のスピーチコンテストもありますが)もっといろいろやって欲しいと思っています。人前に立って、緊張した中何か披露するのはいい刺激になります。
 
 
 舞台に立つ側、応援する側、色々な立場を体験し、色々感じ取って欲しい。開き直ってみたり、内心苦笑しつつ拍手喝さいしてみたり。
 
  
 
 
  
  
↓子供のタレント、ということで、オーストラリアのテレビショーです。子供が精一杯歌を歌います。プロ顔負けです。
 
 


大人のハロウィンコスチューム

今日はハロウィンです。うちでは、昨日ハロウィンレッスンが終了しました。・・・と言っても今は寒々しい人数でレッスンしていますので、とっても地味な(アットホームな!)ハロウィンレッスンとなりました。

コスチュームを購入しようとネットサーフィンすると、大抵たどり着くのが、セクシーコスチュームです。スカートは超ミニ丈!怪しいものがほとんどです。


ハロウィンではコスチュームを着て、普段の自分とは違う自分になるわけですが、アメリカらしいコスチューム選び関連記事を見つけました。

The Sociology Expert's Halloween Costume No-Nosという記事です。なにがNo-noかと言うとまず、セクシーすぎるものは男女問わずNo-noです。(私もそう思います)次に、顔に色を塗ったりして別の人種になるのもNo-noだとしてあります。では私が三つ編みをしたりして、顔を少しペイントして、インディアンの酋長の娘になるのもNo-noですね・・・。ちびくろサンボ系ももちろんアウトです。

そして、経済的弱者や階級の低さがわかるようなコスチュームもNo-noであると締めくくってありました。例えばお酒を飲むのを我慢できないようなイメージ、歯並びが悪いイメージなどです。経済的に苦しくても生きる権利はあるのだから、間違ってもホームレスコスチュームなんぞ着てくれるな、ということでした。

確かにおっしゃる通りです。でもこの神経質さ、厳しさは、アメリカらしいと感じずにはいられませんでした。

大学時代にアメリカ人(白人の年上男性)と話していた時の事を思い出しました。私は褒める意味で「アフリカンアメリカンのようなダンス」と言う表現を使いました。すると即座に「その表現は使わない方がいい」と指摘されました。私は「褒めている」ことを強調しました。かっこいいと思っての発言だったからです。でも褒めていてもダメだ、と断言されました。

その時人種差別の奥深さを痛感しました。そしてその感覚をまた思い出しました。



そういえば、娘が幼稚園児だった時、幼稚園の余興でお母さんたちがショーを披露したことがありました。みんな色々なコスチュームを着たのですが、そのうちの一人は、禿げづらで腰に一升瓶をぶら下げ、酔払い役をしました。あれは立派なracismだったのかもしれません。



とにもかくにも、Happy Halloween!

ご飯食べた?が挨拶です

中国語では「ご飯食べた?」が挨拶です。日本人同士が「今日は寒いですね~」とか「最近雨ばっかりですね~」なんて挨拶するのと同様、中国人同士は「ご飯食べた~?」と挨拶します。

スクールバスのバス停へ娘を送って行き、バスに乗っているお世話係のおばさんに「おはよう!ごはん食べた~?」と初めて言われた時は、私は、娘がきちんと朝食を食べているかのチェックをされたのかと思いました。

でも実はただの挨拶でした。

食べていても食べていなくても、どっちでもいいのです♪ ご飯を食べたか気にかけてくれているわけでも、一緒に食べようと誘ってくれているわけでもありません。ただの挨拶です。



中国人は食をとても大切にします。いつでも何か食べ物を持っています。どこで何があってもひもじい思いをしたくない、という執念に思えます。もっともその食べ物自体は粗悪な脂を使って作った炭水化物系スナックばかりです。でも少なくともエネルギーにはなりそうです。



彼らの、這い上がろうとするパワー、見習いたいです。彼ら(の一部)は語学力も優れていて、スタバの店員さん、ジムのインストラクターさん、トレーナーさん、マンションの管理事務所のスタッフ、高級スーパーの店員さん、とあらゆる労働者の人たちが英語を話せました。






なつかしいな。

アイスバケツ、そろそろ飽きてきましたか

まだまだ娘の周り(上海)では大流行のアイスバケツチャレンジ。世界的にはそろそろ飽きてこられているようです。

私の大好きなコラムである日経ビジネスOn LINEの金曜動画ショーでもアイスバケツチャレンジを紹介していました。このコラムはいつも通り興味深い内容で楽しめたのですが、その中に、この話に関連してホームレスの話を紹介する動画がありました。



私が驚いたのは、スーツを着た(実はホームレスの変装)ビジネスマンが携帯電話を片手に、「移動のための小銭が無いからちょっと貸して」と道行く人に声をかけたら、多くの人が彼に小銭を渡してあげるところ。

ところが彼がホームレスの格好(それが本来の姿)で声をかけても誰もお金は出しません。

この[差]について考えるのがこの動画のテーマなのですが、私ならどちらにしろ絶対お金を渡すことはないだろうという観点から考えると、アメリカ人って寛容だなぁと思ったのでした。


中国では物乞いを多分のべ50人は見たことがあると思います。100人かもしれません。地下鉄の中、路上、お店の中、などどこにでもいます。

寄ってきて無言で手紙のようなものを見せたり、器をさしだしたりするのが一般的ですが、「交通費が無い」と話しかけてくるのもよくあるパターンでした。会おうと思っていた友達や家族に会えないから今からまた田舎に帰りたいのにお金がない、と寄ってきます。ある時はカップル。ある時は親子連れ。ある時は一人。或いはわざわざ英語で話しかけてくる物乞いもいました。

どちらにしろどのパターンにしろ私の答えはNOでした。一度手持ちのパンを手渡してやったことはありますが、受け取ることを拒否して、「マネー」と告げられたことにはとても驚いたし気を悪くしました。その後は物乞いのイメージは更に悪くなりました。

近寄ってくる人、皆悪人。どんな格好であろうがどの言語であろうが、関係ありません。手足があろうが無かろうが、子供がいようがいまいが、それも関係ありません。



だからこの動画の中で多くの人がビジネスマン風の男性にお金を渡すのには驚きました。私、すっかり冷たい人間になってます。



        
  • 1
  • 2
  • 3