忍者ブログ
英語自習のためのTOEICや英検の問題集、YouTube動画、アメリカドラマの紹介。(どうしてもわからない時はオンライン英語を便利に活用しましょう♪)

レットミーシ―、を口癖に

2019年第二回の英検一次試験が終了しました。

今日終わったばかりなのでどの生徒さんともまだ話はしていませんが、明日から二次面接対策開始です。

自分自身が二カ月ほど前に英検の二次面接を受けたばかりなので、面接がいかに焦るかは十分に承知しています。だからこそ、二次面接を控えた生徒さんの中でも特に、焦ってしゃべりだしてしまう方には「レットミーシーを口癖に」とお伝えしています。

とりあえず、何が何でも「レットミーシー」だけはひねり出し、時間を稼ぎ一呼吸着く。この程度の時間稼ぎでは減点はされません。たかが数秒、されど数秒、まずはちょっと落ち着きます。

というのも、慌てて答えたらろくなことはありません。

自分の英検の二次面接のことですが、慌てて答えてエンドレスに話し続ける私の焦りは、もう誰にも止められない状態で、本当に恥ずかしかった。中途半端に話せるもんだから、たちが悪い(と言っても無言よりはずっとマシです)。

同じことを何度も繰り返し、それでも面接官の先生は「もう結構です、ありがとう」なんて止めに入ってはくれません(ちなみに、無言の場合はそのまま、次の問題へ進まれちゃいます)。

自分でコントロールして結論を言って締めていかないと、だれも止めてくれないので、慌てて答えて結局しどろもどろになり、とてもあやしく気まずいムードになりました。



また、面接には「コツ」があります。「このくらい大丈夫だろう」と思うところで減点されたり、「ここは気をつけなきゃだめだろう」と思うところで意外と減点が無かったりします。

そのため、私のレッスンに限らず、先生がいる人は先生の言うことをよく聞いてそのルールを忠実に守ることが大切です。問題集に記載されている注意事項なども同じです。

英検ではたくさんの面接官の先生方がたくさんの受験者の点数をつけるので、先生方は「なんとなく」点をつけているわけではありません。ガイドラインがあります。受験者側もそれに従った方が点数が高くなります。

そのためくれぐれも注意事項を守って、落ち着いて面接に臨んでほしいと思います。

PR