忍者ブログ
英語自習のためのTOEICや英検の問題集、YouTube動画、アメリカドラマの紹介。(どうしてもわからない時はオンライン英語を便利に活用しましょう♪)

英検一次試験合否閲覧サービス開始(合格しました)

6月17日、2019年第1回英検の合否閲覧サービスが開始しました。早速確認したところ、無事合格できていました。

開始直後は混むと思ったので、一足先にログインしておくつもりで番号やパスワードなど入力したところ、いきなり「合格」という画面にたどり着き驚きました。数分フライングしてしまいました♪


更に驚くことに、前回落ちたギリギリ具合よりも更にギリギリでの合格でした。

前回は多分、あと二問正解していれば合格だったはずと勝手に推測していますが、今回は確実に一問の差だと思います。本当にギリギリでした。

といっても、前回と正解数(素点)で比較すると、筆記で+1問、リスニングで+6問、合計7問多く正解しています。英作文は前回よりー2項目だったので、プラスマイナスで+5のはずです。でもこれだけギリギリになってしまったということは、前回より今回の方が少し簡単だったのかもしれません。

二次面接受験票は翌週以降に届くそうです。

二次試験についてはA日程(6/30)とB日程(7/7)があり、私はB日程です。

1級準1級以外は全てB日程で、1級と準1級受験者でも、東京・神奈川・千葉・埼玉・愛知・大阪・兵庫で受験する21歳以上はB日程です。上記7か所で受験する21歳未満の1級準1級受験者と上記以外の場所で受験する1級準1級受験者のみA日程です。

日程的には余裕があるので、お題に反応できるように社会ネタにもう少し関心を寄せつつ生活してみるつもりです。

なにせ世界経済における日本の役割」などについて、30秒ほどの準備で、メモ無し、タイマー無しで2分間話さなければいけないので、緊張します。もっとも、以前は集団面接だったのでそれに比べればずっとマシだと思います。

ちなみに、私のような、自信はないけど一応英語を話せる程度の受験者は、一瞬で終わるかべらべら話し続けるかのどちらかだと思うので、2分という時間制限は絶妙だと思います。

二次試験会場はどこかな?楽しみです。
PR