忍者ブログ
英語自習のためのTOEICや英検の問題集、YouTube動画、アメリカドラマの紹介。(どうしてもわからない時はオンライン英語を便利に活用しましょう♪)

英検1級のためのYouTube動画

海外ドラマは生きた英語を学べます。ちょっとしたフレーズや決まり文句を覚えたり、滑舌の悪い発音をうまく聞き取るいい練習になります。

ただ、話題に偏りがあるので、英検対策という意味ではもう少し真面目なものを見た方が勉強になります。英検準1級~1級位を目指すなら、アメリカの子供向け(或いは、のんびり見たい大人向け)解説動画がピッタリです。

英検1級、作文の採点

英検1級一次試験の個人成績表が郵送されてきました。

これを見ると、どの問題を間違えたのか、英作文のどのカテゴリで何点取れたのか、などの詳細を知ることができます。

私にとって最も気になるポイントの一つは「作文の採点基準」でした。添削や指導を全く受けていないので、自分の幼稚な文章で一体どの程度点が取れるのか、興味がありました。

英検1級、受験してきました

英検1級がようやく終わりました。英検ホームページでは、解答速報が発表されています。

自己採点の結果、残念ながら私の英検1級ジャーニーはもう少し続きそうであることが判明してしまいました。ただ、作文が素晴らしいレベルで完璧に仕上がっていてライティングセクションが満点だったら、合格できないこともないかもしれません!

英検1級、英作文対策開始

英検1級対策、仕上げのための英作文練習をしています。

・作文の形式
英検1級では、質問に対して「はい」か「いいえ」を決めて、なぜそう思うのか三点の理由をあげて説明します。

・行数と文字数
本番では28行の用紙を使って英作文を書くので、練習でも、たまたま家にあった25行のシートを使って少し小さめの字でそれを埋めていく練習をしています(本番でも下3行ほど余白で残しても大丈夫だそうです)。

よく勘違いする言葉を並べてみると

今更ですが、あけましておめでとうございます。本年は、「なるほど」な解説を通してできるだけ多くの単語や文法を、生徒の皆さんの印象に残せたら、と思っています。

忘れられない解説、忘れさせない解説、が目標です。また、私自身の英語力がイマイチなので、言葉の使い方や文法についての曖昧な点を一つ一つ減らしていく方にも、精を出していこうと思っています。

英検1級、とにかく7割を目指す

英検1級の過去問題の難易度が回により微妙に違うので、解く度に一喜一憂しています。

合格できると思える時と、無理だと思う時があり、やきもきしてしようがないので、気になる英検1級の合格点について、もう一度調べました。

リーディング(空所補充と長文二種)41問 850点
ライティング(英作文)1問 850点
リスニング 27問 850点
        
  • 1
  • 2
  • 3