忍者ブログ
TOEICや英検の問題集、YouTubeのESL動画、アメリカのドラマなどの紹介

英検3級に挑戦する時5

英検3級のリスニング問題は30問です。(筆記問題は35問)

第一部(10問)では英文は一度しか読まれませんから、注意して聞く必要があります。二人の人の対話を聞き、質問、応答、質問、と読まれた後の応答として正しいものを、選択肢(これも聞こえてくるだけで書かれていない)から選びます。

質問も応答もとても短い文章です。一言ずつ交わすだけなので疑問詞、助動詞など聞き逃さないよう充分注意する必要があります。もっとも、質問を聞いた時点で、応答がYesかNoで始まるとわかったところで、それだけを頼りに選択しようにも選択択肢全部が、”Yes,”で始まる文章だったりします。或いは質問を聞いた時点で応答は数字に関することだ、とわかったところで、それだけを頼りに選択しようにも選択肢全部が数字に関する文章だったりします。機械的には解けません。

緊張した中聞いていたら一瞬惑わされそうな問題もあります。例えば

A:Which train goes to South Bay?
B:The Green Line does, ma'am.
A:How long does it take?

1.I have two cars now.
2.About half an hour.
3.That's not how to do it.

という問題はなかなかの難問だと思います。文法上難しいわけでも、意味が難しいわけでもありませんが、聞き慣れない地名やマダムと言う呼びかけ、30分ではなく半時間と表現してあるあたり、うかっとしたら思考が止まりそうです。

この思考の停止はリスニング中に必ず一度は起こってしまう嫌なハプニングです。(もちろん実力によっては全然起こらないんだろうけど私は起こります)こんなちょっとのロスでもその後取り返すのは大変です。小心者の受験者は特に要注意です。焦りすぎず解くことが大切です♪










語学 ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。よかったらどうぞ上のバナーをクリックしてこのブログに一票入れてください♪よろしくお願いします。
PR