忍者ブログ
TOEICや英検の問題集、YouTubeのESL動画、アメリカのドラマなどの紹介

英検3級に挑戦する時6

英検3級リスニング第二部(10問)では、英語の会話を聞き、それに関する質問に答えます。質問は英文として流れてきますが、答えは問題用紙に書かれているものを読んで選ぶ形式です。英文は二度読まれます。なんとも言えない安心感があります♪

全体の傾向として、キーワードを正確に聞きとらないと解けないように工夫されています。「シューズって聞こえたから靴のことかな~」というような安易な気持ちで選択肢を選ぶと、同じ乗りでどんどん不正解を連発してしまいそうです。せっかく二回も読まれますから二度目は聞き取るべきポイントを充分絞り込んで聞いていく必要があります。

また、名前がよく出てきますので、誰のだったのか、誰がだったのか、しっかり頭を整理して聞く必要があります。スージーとボブと二人出てきたことは覚えているけど、どっちがどっちだったかわからない、が起こらないように、特に二度目に聞く時は、どちらに集中すべきかしっかりわかった上で聞く必要があります。「~だよね、ボブ。」と来たら、次にしゃべるのがボブです!気持ちを落ち着けて聞きましょう!(私自身本当にこれが苦手なものですから子供たちにもここをいつも力説します!)




英検3級リスニング第三部(10問)は、3文ほどの短い説明文を聞き、それに関する質問に答えます。第二部同様、質問は英文として流れてきますが、答えは問題用紙に書かれているものを読んで選びます。英文は二度読まれます。

説明文というと大げさですが、主語が第三人称になった会話文、というくらいの難易度で、特に正式な言い回しや難しい表現が出てくるわけではありません。素直な問題構成になっている印象があります。ただ、第二部同様登場人物をしっかり把握し、誰がどうなのか(例えばテニスが好きなのはリンジーではなくデイビッド、など)情報を正確につかんでおく必要があります。





ここで英検3級の一次試験は終了です。とりあえずホッとしますが、3級以上は二次面接試験がありますから、まだまだ緊張し続けなくてはなりません!二次面接は一次試験の約一ヶ月後です!












英語 ブログランキングへ
PR