忍者ブログ
TOEICや英検の問題集、YouTubeのESL動画、アメリカのドラマなどの紹介

英検4級に挑戦する時6

英検4級筆記問題大問4(10問)からは長文読解です。長文は計3つあります。1つ目の長文(2問)は掲示板のお知らせやポスター形式で、長文と言うよりは箇条書きにされた項目から情報を読み取るスタイルです。2つ目(3問)は電子メールのやりとりを読み、内容を問われます。3つ目(5問)は長文説明文で、それについての質問に答えます。どれも内容読解です。

3つ目の長文読解は、いよいよ立派な長文です!4段落ほどの長文で、それについての内容把握問題が5問あります。

文章のボリュームとしては2つ目のe-mailと同じ程度です。e-mail問題の場合、やりとりが2通か3通にまたがるため、意味をつかみにくいことがありますが、3問目長文は一つのまとまった長文にしあげてあるため、一つのテーマに関するキーワードが分散せず、こちらの方がわかりやすい場合もあります。

もっともe-mail3通の場合は、送り先や送り主、件名などで場所を取るので本文が短くなりがちで、内容が薄っぺらいため、その方が簡単に思えることもあります。


長文の内容は、季節ごとの行事(ウィンタースポーツ、誕生日、お祭り、日本文化紹介など)や学校活動(部活、旅行)などで、説明文というよりは小説仕立てになっています。ひろし君のオーストラリア旅行だったり、スティーブ君のお誕生日だったり。



時に関する設問だからと目に付いた「時の表現」に飛びついてしまっては間違います。「○○をした後何をしましたか?」のような質問の場合も注意しないと間違います。それっぽいキーワードを探すだけでは正解は難しくなります。

ただ、意図的な引っかけ問題はありませんから、設問を先に読むにしろ長文を先に読むにしろ「飛ばさず全て目を通す」ことを心がけていたら、確実に正解できます。大問1の空所補充問題よりも語彙のレベルも低いので、勘を働かせれば解ける問題も多くあります。


単語レベルとしては

contest
skiing
shopping
hour
monster
colorful

など、日本語の外来語を沢山知っていれば確実に有利なものも多く見られます。

また、基本的な単語、例えば

cousin
interesting
visit
learn
trip
show
city
arrive

などのレベルをおさえていれば大丈夫です♪
 
PR