忍者ブログ
TOEICや英検の問題集、YouTubeのESL動画、アメリカのドラマなどの紹介

英検5級に初めて挑戦する時2

英検5級の大問2は、大問1同様 穴埋め問題ですが、穴の中には 単語一つではなくフレーズを
入れます。これも会話でよく使う表現ばかりで前後関係を見れば何が入るかは一目瞭然です。

ただ単語と違い、「レッスン中のフラッシュカードで既に自然に多くを覚えている」ということが 起こりにくく合格に向けて改めて、フレーズを入れて行くケースが多いと思います。 
(当教室ではフレーズフラッシュカードも使っています)
 
 
このフレーズ学習は 英語を話せる(=うれしい)感覚を味わうために重要です。手っ取り早く話せてる」感を味わうことができます。 
 
たとえば

”Thank you."
”You're welcome."

という呼応表現は、丸覚えできる短さですが会話の中にも使います。

advertisementとかimportantとかいくら長い単語を覚えてもそれ一つ発しただけではどうも会話した感は味わえませんが

 ”Nice to meet you.”
 ”Nice to meet you, too"

 ”I love you.”
 ”I love you, too."

 ”Have a nice day."
 ”You, too.”

など、これらの呼応フレーズはただの丸覚えにも関わらずキャッチボールできるため、会話感を味わうことができます。キャッチボールは語学の醍醐味です。



大問2は、たった5問しかありませんが、できれば全問正解したいところです♪
 


 

PR