忍者ブログ
TOEICや英検の問題集、YouTubeのESL動画、アメリカのドラマなどの紹介

英検5級に初めて挑戦する時6

英検5級リスニング問題第三部(10問)では、絵を見ながら、聞こえてくる三つの英文の中からその絵の様子を説明している英文をひとつ選びます。ココはポイントやコツなど無いくらい単純な作りで、英会話教室に通い、充分に英語を聞いていれば、間違いなく一番得意なところだと思います。

物の名前(机とか帽子とか)、月、日にち、曜日、数字、時間、交通機関(バスや自転車)、職業(先生や医師)、スポーツ、楽器、食べ物(特に果物)あたりを押さえておけば、安心して解けます。引っかけ問題もありませんから、聞こえた通りに素直に答えて大丈夫♪
 
英検5級はリスニングで点を稼ぎ、ぎりぎりの筆記を救うパターンがほとんどです。子供達のリスニング力は圧倒的です。それが逆転しないようにそのまま4級、3級、と持っていければ成功だと思っています。




ちなみに中国語検定は(今年中に何とか合格したいと私自身が狙っている2級の場合)リスニング、筆記共に7割の得点が必要です。私は中国に住んでいましたから、リスニングの方が断然よくでき、9割以上の得点が可能です。一方筆記は5割に満たない寒々しい点数です。この二つを足して二で割ってもらうことが出来ればまずまずな点数になるはずですが、中検は英検ほどやさしくありません。

明日が、6月22日の中国語検定受験のための申し込み締切日です。往生際が悪いことに、まだ申し込んでいません。でも諦めてもいません。いまだ、ウジウジしています。毎日一緒に勉強してくれている中国人の友人にははっきりと「時間が足りない!」と言い切られていますが、それでも、もしかしたらぎりぎり合格できるかも、となぜか思えてしまい、申し込みを諦めきれずにいます。毎日悶々と、申し込むか申し込まないか、迷っています。そんなことを考える暇があるなら、気持ちを入れ替え単語の一つでも覚えたらどうかと思いつつも迷い続けること一カ月・・・。

そしていよいよ締め切りは明日に迫っています。困ったな。

PR