忍者ブログ
英語自習のためのTOEICや英検の問題集、YouTube動画、アメリカドラマの紹介。(どうしてもわからない時はオンライン英語を便利に活用しましょう♪)

英検一次試験合否閲覧サービス開始(合格しました)

6月17日、2019年第1回英検の合否閲覧サービスが開始しました。早速確認したところ、無事合格できていました。

開始直後は混むと思ったので、一足先にログインしておくつもりで番号やパスワードなど入力したところ、いきなり「合格」という画面にたどり着き驚きました。数分フライングしてしまいました♪
PR

2019年度第1回の英検の問題が公開されました

2019年度第1回の英検の問題が、英検協会のホームページで公開されました。

早速リスニングのスクリプトを確認してみると、ちらほら以上の頻度で聞き逃しているところがありました。通常落とすはずがない大問1で落としてしまった3番は、スクリプトを読んでもまだ、中盤辺りが微妙な理解具合でした。

英検1級再挑戦に向けて最後の過去問を解いてみたら

明日いよいよ、二度目の英検1級です。今週は英検直前ウィークなので、結構真面目に英検対策にいそしんでいます。

最後に解くつもりで残しておいた2018年度第2回の過去問を解いてみたところ、リーディングで78%、リスニングで88%、平均で82%という、余裕な点数が出ました(英検1級合格ラインは70%)。

英検1級再挑戦のため、読む速度を測ってみた

英検2019年度第1回検定まで、あと二週間を切りました。

前回1月の筆記(語彙問題と長文問題)が「過去最高点かも」というくらいよくできたので、次回はこうはうまくいかないだろう、と嫌な予感がしています。英検に限らず他の試験もそうだと思いますが、簡単だった回の翌回は少々難化するので要注意です。

英検まであと3週間。まずはリスニングから

6月2日の英検まであと3週間。今回の受験は、前回の1月のリベンジです。

ようやく過去問を解き始めることにしましたが、冬受験の時に張り切って解きすぎて、未使用の過去問がもうあまりありません。そこで、とりあえず使用済みから解いていくことにしました。

まず、自信を完全に失ったリスニングから。

発音はアイデンティティー

日本人の英語の発音に対するこだわりは特別で、人により「これが一番格好いい」と信じる発音があり、それにできる限り近づけたいと願う人が多いように思います。

また、十分に通じる発音なのに自らの発音をよくない発音だと信じている人がいるのはとても残念です。通じるか通じないかはその人に心理状態によっても大きく異なるので、自信を持つことがとても大切なのに。

単語の暗記はリズムに乗って

会話でも英検でもTOEICでも、欠かせないのが単語の暗記です。語彙力を想像力で補えば、難しい問題でもある程度解くことができるし、会話もなんとかつながります

そして、単語の暗記に欠かせないのが反復ですが、取りこぼし(覚えそびれ)が多い場合には、反復学習が大きな負担となります。同じ単語を何度も何度も見返さなければ覚えられないのに、更に新たに単語を覚えようとすると、日々の単語ノルマが雪だるま式に増え、次第に復習の時間が大きくのしかかってくるようになるのです。