忍者ブログ
英語自習のためのTOEICや英検の問題集、YouTube動画、アメリカドラマの紹介。(どうしてもわからない時はオンライン英語を便利に活用しましょう♪)

受けます。新TOEIC

TOEICの新形式が気になっていましたが、レビューを拝見するとどうやら少々、難しくなったようです・・・。新形式一発目、5月分を受けた方々のレビューを読みました。

第210回TOEIC感想

TOEIC 第210回(5月29日)感想・難易度をまとめてみた

お二人とも、少し解きにくくなったという印象をお持ちのようです。 
 
元々複雑な事柄を理解するのが苦手なので、TOEIC後半の「複数の情報を照らし合わせて解く問題」は、リスニングもリーディングも苦手でした。

ところが今回、そのあたりがもっと複雑なつくりになったようです。

なぜかTOEICは夏に受ける我が家。でも今年に限っては4月までに受けておけばよかった、と後悔しきりです。


実際の変更点に関して(主観など入れずに)紹介してあるこちらの漫画はとても分かりやすくまとまっているので、受験の予定があるなら目を通しておいた方がよさそうです。英語力に余裕があっても、出題形式は本番までに知っておいた方が有利です。




 
ところで、色々他のことに気をとられたことと、力不足が原因でオンライン英会話レッスンの生徒さんも減少傾向。仕事に限らず何ごとももっと熱意を持って取りくまなくっちゃね、と急に思い立ち、7月のTOEICに申し込みました。直接関係はないけれど、自分の英語力をもっと上げたくなりました。

今は単語集を使って単語を詰め込む作業をしていますが、これがとにかく覚えられません。ただ、昔聞いたことあるもの、昔覚えたことがあるものは、当然のことながら定着しやすいので、こうして、顔なじみの単語を増やしていくしかないなぁ、と痛感しています。


新TOEICについてですが、Part7の文章量が増えたり、従来「1問20秒で」と言われていたところを「15秒」で解かないと間に合わなかったり、といろいろな分析を見かけます。

とにかく、更なるスピード間が必要、ということでした。そのためには単語に反応する反射神経をもっと鍛えないといけません。考えないと意味が浮かばないようなうろ覚えでは、太刀打ちできません。



思えば私は講師1年目の時に初めてTOEIC試験を受けたんでした。

今から20年以上も前のことです。外人講師と共に毎日英語でやり取りする環境にいたので「少しは英語上手になったかも?」と思って受けましたが、全然時間が足りず、リーディングの後半は手付かずでした。点数も800ちょっと、というなんとも中途半端な点数。


そこから先、英語はずっとサボりっぱなしでしたが、この英語力では使うに使えず。

英語なんてすっぱりやめるか、もっと勉強するかどちらかにしないと、と思い、初回受検から20年立った2年前、再受検しました。時間は足りたものの880点、と900に届かず。この程度では初級クラスの指導は何とかできますが、それ以上の仕事はないし、映画も雑誌も楽しめません。


せめて900とって、そこをスタート地点にそこから先進んでいかないと、情け無い英語人生になってしまう、と申込み受付最終日ギリギリに7月のTOEICに申込みました。


毎日ため息ついてます!

単語、覚えらない!


PR