忍者ブログ
英語自習のためのTOEICや英検の問題集、YouTube動画、アメリカドラマの紹介。(どうしてもわからない時はオンライン英語を便利に活用しましょう♪)

第213回TOEICを受けてきました

9月25日に、またTOEICを受けてきました。

元々900狙いだったけれど、前回7月にとり損ねたと感じたため慌てて申込んだ今回9月のTOEIC。でも結果的には7月で既に900を越えることができたため、拍子抜けの状態でとりあえず受けてきました。


リスニングは、6問しかないパート1からいきなり2問わからず・・・。今回のリスニングは正解を絞り込めない問題が多く、正解を確信できるものが前回よりも断然減ってしまいました。一語一句聞き取れているつもりなのに、正解がわかりませんでした。読解力の問題?

リーディングは文法問題も長文問題もごくごく普通の難易度で、いつも通りパート5とパート6を28分くらいで解き終わりパート7に突入し、5分前に終了しました。前回苦労したトリプルパッセージも別に難しくなかったため、気持ちよく解き終わることができました。


時間がギリギリになるのは知っていたので今回は「リーディングの最後に焦らず落ち着いて解く」ことを決めていました。案の定トリプルパッセージを読み始めた時、最初は焦ってしまい目が泳ぎました。でも読めないほど難しいものは絶対に出ないはずなので、自分を信じて読み進め、結局フツーに解き進めることができました。

結果は10月17日頃に確認できる予定です。





9月下旬なので決して真夏日というわけでもありませんでしたが、まさかのエアコンオフでのリスニングでした。そう暑がりではない私も汗ばむ暑さで頭がボーっとするほどでしたから、暑がりな人は相当苦労したと思います。実際リスニングが終った途端ぱたぱた扇ぐ音がきこえてきました。

真剣にハイスコアが必要な人はもちろん、汗が流れようがなんだろうがシーンと静まり返る中で解きたい心境だと思います。ただ、ほとんど気にならない程度のエアコンさえも消さないと聞き取れない英語リスニング力では、駅のホームや屋外では到底聞き取れないだろうし、「会議中もイチイチエアコン消すんかい」とか文句のひとつもいいたくなるくらいの暑さでした。

音声の音量を上げるのではなく、エアコンを消す形で対処するのってどうしてだろう?とりあえず、真夏じゃなくてよかった。


PR