忍者ブログ
TOEICや英検の問題集、YouTubeのESL動画、アメリカのドラマなどの紹介

TOEIC受験当日に感じた問題傾向

2014年7月、第192回TOEICを受けてきました。会場は奈良の帝塚山学園東生駒キャンパスです。自宅から15分ほどだし、面する道路が広いので、車で送って行ってもらっても一時停止しての乗り降りはが充分可能な、ラッキー受験地です。私も車で送ってもらい、11時45分の受け付け開始の5分前に到着しましたがもう既に大勢の人たちが待合室で待っていました。

集合時間である12時半から、リスニング音声の確認が行われ、引き続き「携帯をオフに」とか「傘を持っている場合は倒れないように寝かして」などの注意事項を言い渡されました。

12時半以降はトイレへ行くことも許されず、その注意事項を聞いたり、問題用紙が配られたりして、残りの空き時間をボーっと過ごしたりしていよいよ13時に開始です。

リスニング音声は、極端なニュージーランドアクセントやイギリスアクセントは無く、とても聞きやすい英語ばかりでした。その上、「同じキーワードが聞こえたらそれは引っかけ選択肢」と思って聞き続けるものの、聞こえてくる問題の多くは、選択肢にも同じキーワードが含まれているものばかりで、予想していたような傾向とは全然違いました。

私が予想していた問題というのは、例えばダイアログで「氏名の記入」と聞こえてきたら、選ぶべく選択肢には必ず「氏名の記入」というキーワードは使われておらず、「個人情報登録」などと別の言葉で置き換えてあるちょっとひねった問題です。逆に「氏名」というキーワードが同じだからと安易に選ぶと間違ってしまう、いわゆる引っかけ問題で満ちていると信じ切って、本物のTOEICを受けてみたところ、引っかけ問題などあまり無かったように思いました。

だからと言って全問簡単だったわけではなく、解けなかった問題は「全然意味がわからなかったもの」に限られるという結果になりました。


リーディングでも、前半は答えが明らかなものが続き、引っかかるようなポイントはありませんでした。ただ、ダブルパッセッジのものは、全体を読まないと答えられない内容が多かったように思いました。

「設問→長文」の順で読むだけでは解けないものも、予想していたより多くありました。これにたじろぎ、一時目が泳ぎましたが無事5分前に全てを終えることが出来、文法問題を見直しているところで終了しました。



TOEICはスピードと、基礎英語力があればかなり高得点を取れるのではないかという印象を受けました。英検準1級よりかなり簡単です。英検2級を受けようか、という人なら充分チャレンジ可能という印象です。話題が大人っぽいもの、例えば求人、就職の話やオフィスのものも多いので同じ2級ホルダーでも子供には難しいかもしれませんが、2級のあと、準1級、1級、とどんどん難易度の高い方向へ進むのではなく、より早く、より正確に、とTOEICへ移行するのもいいかもしれません。



とりあえず終わってホッとしました。結果は8月19日火曜日頃にわかる予定です。



今回は簡単だったので、みんな沢山解けたと思います。唯一差が付くはずの難問は私もできなかったので、厳しい結果になるかもしれません・・・・。





PR

TOEIC直前模試終了

TOEIC直前、最後の模試としてテストを通しで、時間を測って解きました。

そうしたらリスニングの途中にまたもや居眠りしてしまった。今回はこっくりするほどの居眠りで、100問中4問のマークシート余白に、汚い字で「ねた」と書き込んでいました。その4問のうち3問は正解していましたから、お見事です!

今回は集中力がいまいちだった割にはよく解けていて100問中86問正解、予想得点は445点でした。ようやく目標に近づいてきました!(試験は四日後だけど!)



リーディングもようやく解き方のコツをつかめたおかげで、5分ほど余裕を持って終わることが出来、80問正解、予想得点は415点でした。なんとか850点以上取れそうな予感がしてきました。目標は900点なんだから、あとは当日、ラッキーなことに実力以上の実力がでるのを楽しみに待つしかありません♪

今日は復習の日なので、隙間時間にぼちぼち進め、早く寝ようと思っています。睡魔が一番の敵です。




通しで続けて解くことで疲れるため、解ける問題が解けなくなります。どのくらい解けなくなるかを、試験本番までに必ず一度は体験しておくことが大切だと思います。














英語 ブログランキングへ

設問を見てから読む長文

長文読解問題を解く時によく「設問を読んでから長文を読むとよい」と聞きますが、今まではどうしてもそれが出来ずにいました。自分自身ができないもんだから、子供達(娘にも生徒さんにも)には「長文を先に読んで、ある程度内容を頭にいれてから設問を読む方がいい」と指導してきました。(その方が自然だと信じていたせいもあります)

でもTOEICのPart7を解く時、それではどうしても時間に余裕がなく、気持ちが焦ります。そこでやむなく[設問を先に読む]というのを練習してみることにしました。


すると、すぐに慣れました♪ 意外とうまくいきます。

 
TOEICの問題も、設問はだいたい長文の流れに沿って出されています。まずは一つ目の設問を読み、その答えを探しながら長文を読み始め、答えを見つけてマークします。そして二つ目の設問を読み、その答えを探しながら長文の続きを読み始め、答えを見つけてマークします。この進め方ですんなり行けることがわかってきました。

設問を読む→長文を読む→マークする、という三段階をひたすら繰り返していくことで問題がどんどん解けていきます。該当箇所と思われる部分だけを読むのでは、補足情報や変更事項などに気付かない恐れがあるので、拾い読みをするわけではなく、あくまでも長文は全て読みます。ただ、それを読む前に設問を読んでおくというだけです。

この順序にすると、該当箇所へたどり着いた瞬間なんだかうれしいし(順番に読み進めているだけなので必ず該当箇所にはたどり着けます)該当箇所を探し拾い読みするわけではないので目が泳ぐこともありません。

このやり方、とてもいいなぁ、と改めて思っています。それと共にTOEICはとても答えやすい形で設問が考えれているということを改めて知りました♪

ほとんど全ての設問が、ちゃんと順番通りに並んでいます。


後半のダブルパッセッジでも同じです。二つも長文があるのにどうするの?と最初は思いましたが設問を読みそのまま上から読み進めることでうまくいくように並んでいます。ただ、早く読めないと解き切れないことには変わりはないので、相当焦って解いていかなくてはいけません。


後一週間。ラストスパートです。


裏をかきすぎ、不正解連発

今日解いたリーディング問題では、不正解が続出してしまいました。

リーディングPart5(40問)は直感的に解ける短文文法問題ばかりなので、元々はさくさく10分ほどで解き進めることができていましたが、このところどうも深読みしてしまうのです。(もっとも、元々解くのは早かったけど間違いも結構多かった)

名詞の前はいつでも形容詞だろうと思いきや、名詞プラス名詞の複合名詞の存在を意識する必要があることに気が付きました。例えばbenefits package(給付金)やprofit efficiency(収益効率)です。今まで、名詞が二つ並ぶという発想が無かったため、名詞の前が空いていたらほぼ即座に形容詞を入れていました。そんな単純な発想だけでは高得点は狙えないとわかりました。


そこで、もっと注意深く解くようになりました。それ自体はいいのですが、今度は時間がかかりすぎる上、フツーに解けばいいものを間違えるようになってしまいました。


自信がどんどんなくなってきました。




とってもナーバスな割には、問題を解き始めたら決まって居眠りをしてしまう私は、今度7月27日のTOEICに緊張しているのか、緊張していないのか、よくわからない微妙な心境でいます。

ただ、昨日ブログの更新を忘れたのですから、かなり切羽詰まった状況であることは確かです。今まで更新を忘れたのは、奈良マラソンの申し込み日と、昨日だけです。どちらの日も、自分のキャパを超えるアップアップな日であったと言えるでしょう・・・。







ちなみに今日面白い単語に出会いました。notwithstandingという単語です♪ とても長くて(でも三つの単語がくっついただけ?)[~にもかかわらず]という意味だそうです。







しっかり二時間かかるTOEIC無料模試

Z会のTOEIC模試を解きました。無料ですが本番とまったく同じ形式でちゃんと200問、二時間分あります。これは解きごたえがあります。かなりお得です!解説こそないものの、ちゃんと何点か点数もでます。

点数に関しては100点ほどの幅があり、私の場合は760点から860点と出ました。なんとも情けなく恥ずかしい点数なのでここはさらりと流しますが、今の時点での点数がどの程度かを知ることはとても有効ですから、こういう模試は週に一度は受けて行きたいと思っています。(本番は7月27日)


今回は模試を解いてみて、意外と知らない単語が多かったことに戸惑っています。

そこでたまたま英語の単語集(多分Grade8くらいの学生のためのもの)を見せてもらいました。その単語集の1ページ分を全部写しました。

 ・absent-minded
 ・amiable
 ・appreciate
 ・aspenty
 ・assistance
 ・benevolence
 ・cast
 ・confess
 ・dabbler
 ・deduction
 ・dexterity
 ・dingy
 ・elementary
 ・erroneous
 ・evident
 ・frank
 ・genius
 ・good will
 ・inadvertently
 ・incredulous
 ・instance
 ・luminous
 ・occupation
 ・old-fashioned
 ・piqued
 ・possessor
 ・ractitioner
 ・remarkable
 ・stimulating
 ・unambitious
 ・unforunate
 ・visiting
 ・well-esteemed

全部で33個。このうち私が確実に意味を知っている単語は21個。三分の二です。これは日本の中学校が、英語が得意な子が多いクラスでフツーに使っている単語集の単語たちです。それの三分の二しか知らないのでは、語彙不足と言われても仕方がないなぁ・・・。

during Vingは間違いです・・・

duringの後に、ing形の動詞が来られないことを初めて知りました・・・。(これでも英語講師歴20年)今まで、duringの後は句、whileの後は節、と偉そうに説明していたので、当然duringの後にはVingが来るものと思っていました。

ところが本日TOEIC問題集を勉強中に初めてduring Vingはありえないと知りました。

Part5の空所補充問題で、かっこ内に入るのがduringかwhileかを選ぶ必要があり見事に間違いました。duringのあとは、期間を表す名詞が来るそうです。例えば「during the war」。これなら「戦争の間、戦争中」という意味になります。



Vingの前にかっこがあり、選択肢にwhileとduringがある場合、正解はwhileです。本来while(接続詞)の後には主語と述語(節)が必要ですが、主語とbe動詞が省略されてVingだけが残った形、それがwhile Vingになります。

While ( she was ) working in the customer call center,.......のようになります。


とても驚きました・・・。

TOEIC模試の結果、まさかの720点

TOEIC模試の結果、リスニングが430点、リーディングが290点、合計720点と出ました。リーディングの悪さには驚きましたが、焦って解いたおかげで最後まで解けました。最後まで解けたどころか、20分も時間が余りました・・・・・

Part5で10分、Part6で4分、Part7で41分。合計55分間。(TOEICリーディングは75分間で解くものです!)余程焦っていたんだろうなぁ。


自分の弱点が見えたところで、対策開始です。


リスニングの弱点は、[長い文章]。文章が長くなると分析力の低い私は、頭の中が乱れてしまって意味を取り違えるようです。また詳細も聞き逃しています。間抜けな話ですが、長くなっても落ち着いて聞き続け、頭の中がくちゃくちゃにならない練習をしていかないといけません。

リーディングの弱点は[点在する情報を関連付けて理解する力]で、これまた本来持つ頭の悪さが露呈しています。文法や語彙はそれほど足を引っ張っていないこともわかりました。


まずすべきことはテスト慣れすること。それと同時に語彙も少々増やすこと。この作戦でいこうと思います。

TOEIC対策、まずすること

TOEICを受験する予定なのであれば、まずは模試を解き、自分の実力をわかっておかなくてはいけません。900点を目指しているのに700点しかとれそうにないのか、既に850点は余裕で超えていそうなのか。

今日、注文していた問題集が届いたので早速リスニングだけ解いてみました。TOEIC本番まであと丁度3週間。エンジンがかかるのが若干遅すぎますが、諦めるのはまだ早い、微妙な時期です。今から必死でやっていきます♪

・・・と気合を入れつつ、今晩解くのはリスニングだけです。本当はもちろんリスニングとリーディングをあわせて本番さながらに解くのが一番いいのですが、もう眠たいのでリーディングは明朝にまわすことにしました。


リスニング[100問中正答数87個]を点数に換算して、430~450点ということでした。リーディングの方がはるかに苦手な私が900点を狙うためには実はリスニングは満点に近い点数が必要です。480点を取るには91個正解する必要があります。たかが後4つ、されど後4つ。でもたった4つです。頑張る気がわいてきました!


途中一度、ぼーっとしてしまい、一問ミスしました。何を考えてしまったのかは覚えていませんが明らかに集中力が途切れてしまいました。Part2、24問目です。次回はこれだけは避けたいと思っています。


ココから一体どの程度スコアをあげることができるのか、興味があるので記録を残しておこうと思います。本に書いてありましたが、TOEICは英語力プラス受験力。コツをつかめば少なくとも10点か20点は上がるはずです。

そんな受験では意味が無い、と思う人はコツなど無視すればいいし、ちょっとでも高いスコアが欲しい人はコツも習得して、英語力プラス受験力で受験すればいいと思います。
 
私は英語力プラス受験力、でいきます。もりもり対策して臨みたいと思います。





        
  • 1
  • 2
  • 3